KOBITブログ

【アイコン向け】ベクター画像のフリー画像配布サイト7選

この記事は約 4分 で読めます。


はじめに

ベクター画像の配布サイトを以前保紹介しましたが、今回はその中でもWebやApp作成に役立つ「アイコン」に特化した厳選サイトをご紹介します。

 

iconmonstr

https://iconmonstr.com


【商用無料】
画像としてのアイコンだけでなく、アイコンフォントも配布しているサイト。
画像もSVG、EPS、PSD、PNGと複数フォーマットが存在し、使用しやすいです。
2017年で更新は止まっているもののかなりの量のアイコンが蓄えられています。

 

alessioatzeni.com

http://www.alessioatzeni.com/metrize-icons/

【商用無料】
イタリアの個人デザイナーのサイト。 メトロスタイルのアイコン300種で、個人・商用ともに利用可能です。
配布されるデータ自体もPSD、SVG、EPS、AI、PDF、Webフォントと様々な種類があり、カスタマイズも自由です。

 

Picons

https://picons.me

【商用無料
SNSに特化したアイコン集。
このサイト上では商用フリーですが、各社のSNSごとのライセンス規約に準じる必要がありますので使用の際は注意が必要です。

 

GRAPHIC BURGER

https://graphicburger.com

【商用無料】
アイコンだけでなく、背景からモックアップやUIキットまで様々な種類のフリー素材を配布しているサイトです。
様々なテイストのデータがあるので、見るだけでも勉強になり、ためになるサイトです。

 

IconArchive

http://www.iconarchive.com/

【商用要確認】
IconArchiveはアイコンの検索エンジンです。
それぞれでライセンスが異なるので、1つ1つ確認が必要です。
しかし、Browseのプルダウンから「商用フリー」を選択できるので、いちいち画像を開いて確認してを繰り返す必要が無いのが便利です。

 

Orion Icon Library

https://orioniconlibrary.com/

【無料の場合:商用要帰属】
シンプルで統一されたアイコンを提供しているサイトです。
線画太・細、色付きにフラットデザインの4種が選べます。
注意したい点は、無料版で商用利用をする場合にアイコンデザインを属性付けして必要なリンクバックを追加する必要があります。
表記を入れたく無い場合は、有料版を購入すると記載が不要になります。
個人プロジェクトで使用する場合は無料版でも明記する必要はありません。

 

FLAT ICON

https://www.flaticon.com

【無料の場合:商用要帰属】
Flaticonは世界で無料のアイコンの最大の検索エンジン。
色味やサイズ感の調整ができるので使用するWebページのドミナントに合わせたアイコンがすぐに手に入ります。
無料の場合は帰属の明記が必要。プレミアムとして月額が発生するプランに申し込むと、帰属不要でそのほかのサポートやプレミアム向けのサービスを受けることができます。

 

まとめ

今回はアイコン作成に役立つフリー画像配布サイトを7つご紹介しました。
かなりの時短につながるフリー素材たちですが、それぞれのサイトでライセンス規約が異なりますので、各サイトのルールに沿った使用をしてください。

著者:MainYard Design(メーンヤードデザイン) 北野敦子

kitano

1987年大阪出身。
生活する上で必ず目にするデザインされたものたち。 街を歩くだけでも無限の魅力があふれています。 ある日ふとそれらに魅了され別業界からデザイナーへ転身。 関西を中心にグラフィックデザインからブランド戦略提案などを展開中。
2012年タイポグラフィ作品展「OKU-2」出展。第31回読売広告大賞協賛社賞受賞。

※KOBITブログでは、定期的に北野敦子さんに記事を寄稿していただいております。
デザインに関するものを中心に、役立つ記事を数多く提供していただいておりますので、ぜひ他の記事もご覧ください。
北野敦子さんによる寄稿記事を読む


まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。