KOBITブログ

Googleアナリティクスを使ってShopifyで作成したEコマース・サイトを分析する

この記事は約 5分 で読めます。


Shopifyで作成したEコマースサイトにGoogleアナリティクスを導入する

Shopifyは簡単にEコマース・サイトを作成できるプラットフォームとして全世界で利用が増えています。Eコマース・サイトの運営では、アクセス解析が欠かせません。どのようなユーザーが訪問し、どこからコンバージョンが発生しているかを確認し、問題点があればサイトを修正して、収益の最大化を目指します。

Shopifyではアクセス解析ツールとして、Googleアナリティクスの利用が可能です。Googleアナリティクスは無料で豊富な機能が提供されており、多くのサイトで採用されてきました。Shopifyで作成したサイトでも簡単にGoogleアナリティクスを導入し、サイト運営のPDCAサイクルを回すのに貢献します。

Googleアナリティクスを導入するには、まず、Googleのサービスからアカウントを作成します。そして、Googleアナリティクスを有効にすると、そのアカウントに紐づいたコードが発行されます。Shopifyでオンラインストア > 各種設定へ進むと、Googleアナリティクスのセクションがあるため、Googleアナリティクスで発行されたコードを貼り付けます。最後に、Googleアナリティクスの設定画面で「Eコマースを有効にする」をオンにすると、訪問データの取得が開始されます。

Googleアナリティクスの「目標」と経路分析によってコンバージョン率を改善する

アクセス解析では、訪問者の数やサイトでの滞在時間、訪問者の地域などを分析します。さらに、サイトに流入してからコンバージョンに至るまでの経路の中で、どこで離脱している割合が多いかが特定できれば、その離脱を防ぐよう、サイトのデザインや文言を改善し、コンバージョン率を改善します。コンバージョンの改善はEコマース・サイトの収益性に直接関連するため、投資対効果の高い施策であると言えます。

Googleアナリティクスでは「目標」の設定によって、コンバージョンに至ったかどうかを判別します。例えば、Shopifyでは商品選択から決済を行うまでに、「/cart(買い物カゴ)」「/checkout/contact_information(住所情報)」「/checkout/shipping(配送情報)」「/checkout/payment(支払い情報)」といったURLを経由します。訪問者が各URLに到達したかを計測し、最終的に商品の購入という「目標」を達成したかを確認できるという仕組みです。

Shopifyの上位プランでは詳細な指標やカスタムレポートの利用が可能

Googleアナリティクスを導入しなくても、Shopifyには独自のアクセス解析ツールが含まれています。「ストア分析」の機能を開くと、訪問者・販売・注文などの一覧が確認可能です。前の期間と比較したり、チャネル毎の売り上げを分析したりと、Eコマース・サイトの成果を確認できます。現在の利用状況をリアルタイムに確認するライブビューも含まれます。

Shopifyはより上位のプランにアップグレードすると、詳細なレポートが利用可能になります。販売レポート、小売り販売レポート、利益レポート、顧客レポートといった個別の分析は、サイトの利用状況を把握するのに便利です。また、独自の指標を定義できるカスタムレポートも、上位プラン限定で提供された機能です。国外から訪問した初回購入者といった詳細な絞り込みができるのはカスタムレポートを使うメリットになります。

GoogleアナリティクスとShopifyのストア分析では、指標に不整合が発生する例が知られています。これは各ツールによって計測方法や指標の定義が異なるため、避けられないものと考えられています。異なるツールで計測したものを比較してもあまり意味はないので、サイトの最適化を図る上では、同じ指標を継続して監視し、その変化を捉えることでサイトの改善点を見つけるべきです。

ShopifyはEコマースに特化した指標を豊富に含んでいるため、税金や支払いに関するレポート等、サイト運営には有効です。一方で、Googleアナリティクスはマーケティングに関するベストプラクティスを含んでいるので、集客や行動の分析に強みを持ちます。どちらか一方を選ぶ必要はなく、分析の要件に合わせて、最適なツールを利用すると良いでしょう。

まとめ

Shopifyで作成したEコマースサイトでは、容易にGoogleアナリティクスを導入し、アクセス解析を始められます。Shopifyにはストア分析の機能があらかじめ付属しており、上位プランでは詳細な分析も可能です。GoogleアナリティクスとShopifyのストア分析の違いを理解し、最適な指標を選んで分析対象にする方法が推奨されます。


CATEGORY:
まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。