KOBITブログ

サブスクリプション型ゲームサービスApple Arcadeのマーケティング戦略を読み解く

この記事は約 5分 で読めます。


Apple Arcadeの提供によって高品質なゲームが定額で遊び放題に

アップル社は2019年3月、ゲームの定額制サービスApple Arcadeを発表しました。100以上の新作ゲームが提供され、2019年秋の開始が見込まれています。高品質のゲームが遊び放題になるため、ゲームの遊び方が大きく変わりそうな気配を見せています。特定のゲームコンソールの購入は必要なく、iPhone、iPad、Mac等、アップル機器の利用が前提です。

App Storeは既に世界で有数のゲーム配信プラットフォームです。30万タイトル以上のゲームがあり、広告やゲーム内課金をビジネスモデルとしていました。しかし、あまりに競争が激しくなったため、ユーザーは本当に面白いゲームに出会うのが困難なのが現状です。ゲーム開発者としても、高い予算をかけてゲームを制作しても、わずかなユーザーしか集められず、採算が合わなくなってしまいます。

アップルは、Apple Arcadeの提供によって、サービスに登録したユーザーに対して、高品質なゲームを選び、提供できるようになります。ユーザーも、ゲームタイトルを都度購入する必要がなく、興味の赴くまま、ゲームが楽しめます。NetflixやSpotifyのように定額課金サービスが増える中、ユーザーもその仕組みには慣れてきているのも追い風になります。また、eスポーツを始めとして、ゲーム業界をより一層盛り上がる要素になるかもしれません。

定額課金制は収入を安定させるため、アップルにとって投資家からの評価につながる

Apple Arcadeの発表で特徴的だった点はユーザーのプライバシー保護の観点です。Facebookを始めテック企業が、同意を得ていない個人情報利用で批判されている中、アップルは個人情報を必要以上に収集・利用していない点を強調し、ユーザーの信頼を獲得しようと努めています。ゲームのサービスにおいても、ユーザーの個人情報に基づいた広告を配信しないと考えられます。

定額課金型、いわゆるサブスクリプション型のサービスは、サービス提供者にとって安定した収入が得られるのが利点です。スマートフォンやタブレット等、ハードウェアの販売を中心とした事業を展開するアップルにとって、毎月繰り返し課金されるサービスから収入が得られるのは、同社にとって収益性を高める効果があり、投資家から評価されると見込まれています。

定額課金のApple Arcadeと同時に、アップル社が発行するクレジットカード「Apple Card」も発表されました。決済手段を抱えたアップルは、ユーザーを囲い込み、スマートフォンやコンピューターを使った日々の生活における多くの接点をアップル製品及びサービスで網羅できるようになるのです。

Google Stadiaと競争しながら、ゲームコンソールに大きな影響を与える見込み

Apple Arcadeの発表と同時期に、Googleもゲームの定額課金サービスStadiaを発表しています。クラウド上でゲームを動かすStadiaは、ゲームタイトルをダウンロードする必要がなく、特定のハードウェアがなくても、インターネットにつながればプレイできるのが特徴です。Apple ArcadeがApp Storeからダウンロードする従来の方式を踏襲しているのに対し、Stadiaは技術的に進んでいる印象を与えました。

アップルのユーザーに対しては、オフラインでもゲームが楽しめるApple Arcadeは使い勝手で勝ります。一方で、Stadiaは機器を選ばず、アップル製品でもその他の製品でもゲームが遊べるのが特徴です。

アップルは既に膨大な既存ユーザーを抱えています。10億台の機器にアップルが発行したクレジットカードが紐づけられれば、莫大な手数料収入につながります。また、Apple Arcadeで毎月10ドル課金されたとしても、ユーザーにとって大きな出費にはならないでしょう。Apple ArcadeとGoogle Stadiaの競争によって、定額課金のサービスは、ゲームの新たな市場を作り出します。任天堂スイッチのようなゲームコンソールや、性能の高いコンピュータが求められるPCゲーム業界は、品質の高いゲームが定額で楽しめるサブスクリプションサービスに大きな影響を受けるかもしれません。

まとめ

Apple Arcadeは定額でゲームを遊び放題できる新しいサブスクリプションサービスです。広告やゲーム内課金を廃止、安心して高品質なゲームを楽しめるのがユーザーにとって魅力となります。また、同時期に発表したクレジットカードと共に、安定した収入の確保がアップルの経営に好影響を与える見込みです。


CATEGORY:
まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。