KOBITブログ

YouTubeでインフルエンサーマーケティングを行う場合の注意点

この記事は約 5分 で読めます。


YouTubeインフルエンサーは、著名人よりも4倍以上、ブランドの親近感を高める

インフルエンサーマーケティングと言えば、Instagramにおける施策という印象が強いかもしれません。有名人やフォロワーを多く抱える人気のユーザーが企業と提携し、フォロワーに対して商品を紹介する画像や動画を投稿するのがインフルエンサーマーケティングであり、そのインフルエンサーから影響を受けやすいフォロワーへ容易にリーチできるのが魅力です。

Mediakixの調査では、インフルエンサーマーケティングを実施する担当者の69%がInstagramに予算を振り分ける予定だと回答しています。この調査ではYouTubeが第二位につけており、異なるユーザー層にもリーチしたいと考える担当者にとって、YouTubeを使ったインフルエンサーマーケティングが注目されるようになりました。

YouTubeインフルエンサーの知名度が上がるにつれ、マーケティング業務を行うパートナーとしての存在感も増しています。Googleの調査では、YouTubeインフルエンサーが商品を紹介した動画を視聴したユーザーの購入意思決定に関わる効果は、有名人による動画と同程度だったとされます。さらに、ブランドの親近感を高める上では、YouTubeインフルエンサーは、有名人の約4倍以上の効果が上がりました。消費者はお気に入りのYouTubeインフルエンサーの発言を信じ、それに従って商品やブランドを選ぶのだと推察されます。

歯に衣着せぬ発言を認める懐の深さが、YouTubeインフルエンサーと協業する企業には求められる

YouTubeインフルエンサーは、いわゆる芸能人と比べ、個性が際立ち、本音で視聴者に主張している印象を与えます。気に入らないものにはNoを突き付ける人であるからこそ、何かを褒めている場合は、それを信じられるものです。企業がYouTubeインフルエンサーと協業する際には、その本音を語るのを受け入れなければなりません。動画の構成やメッセージに関して、企業側が過度な指示や干渉を行っては、YouTubeインフルエンサーの個性がなくなってしまう上に、そのインフルエンサーがフォロワーからの信頼を失ってしまう事態にもつながりません。世間知らずの若者のように見えても、ビジネスパートナーとして互いを尊重し、契約条件は明らかにしておく必要があります。

YouTubeは巨大な検索プラットフォームであり、ハウツー動画や商品レビュー、製品の使い方(チュートリアル)等が頻繁に検索されています。YouTubeインフルエンサーと協業して動画を作成する際にも、これらのコンテンツは大きな効果が期待できます。特に、商品の使い方を紹介するデモ動画は、企業とインフルエンサーとの密接な協業が求められるものの、動画マーケティングの強みを活かすのに最適です。加えて、YouTubeインフルエンサーが作成した動画に対し、自社広告を表示すれば、そのインフルエンサーをフォローしているユーザー層に対し、リーチすることができます。

YouTubeインフルエンサーの個性を活かした動画は、新たなユーザー層へのリーチに寄与する

日本の代表的なユーチューバーとして知られるヒカキンは、ソフトバンクと協業し、動画SNS放題の新料金プランのプロモーションを行いました。ソフトバンクが提唱する「リミッターをはずせ」というキャッチフレーズにちなみ、恐怖心というリミッターを外してバンジージャンプに挑戦するという内容です。ユーモア溢れるテレビCMで知られるソフトバンクですが、若い世代のフォロワーが多いヒカキンとの協業により、テレビよりもYouTubeを好む若い層へのリーチに成功しています。動画視聴回数は320万回以上、「いいね」の数は4.7万と高い評価を受けました。

ヒカキンの例から分かる通り、自社商品がターゲットとする層と、そのYouTubeインフルエンサーをフォローしている層が重なっているとき、YouTubeのインフルエンサーマーケティングは効果を発揮します。近年では、化粧品・自動車・酒類・菓子・玩具など、多くの分野でYouTubeインフルエンサーが活躍するようになりました。YouTubeインフルエンサーに直接依頼したり、UUUMを始めとするマーケティング・サービス企業に依頼したりして、YouTubeインフルエンサーマーケティングを始めてみましょう。

まとめ

YouTubeは多くのクリエイターが活躍し、フォロワーと親密な関係を築いています。YouTubeインフルエンサーの個性を活かしながら、企業と双方が納得できる条件でコンテンツを作成するよう心がければ、そのターゲット層の心に響くコンテンツが作成できることが期待できます。


CATEGORY:
まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。