KOBITブログ

【Photoshop】画像の一部を炸裂させる

この記事は約 2分 で読めます。


はじめに

今回は、Photoshopの部分的にスパークした表現の画像加工を紹介していきます。

1.Photoshopで開く

Photoshopで画像を開きます。

2.画像をトリミング

レイヤーマスクで必要部分のみ表示し、レイヤー名を「ベース」へ変更します。

3.レイヤーの複製

「ベース」レイヤーを複製し、複製したレイヤー名を「合成」に変更します。

4.背景を追加

背景を追加します。 レイヤーパネルの「新規レイヤーを作成」から新規レイヤーを追加します。
今回はツールパネルの「描画色を設定」をダブルクリックし任意の色を設定、Option+Deleteでベタ塗りし、レイヤーパネルから一番下にドラッグ&ドロップします。

5.描画モードの変更

「合成」レイヤーを選択し、描画モードを「ディザ合成」に変更します。

6.部分調整

「合成」レイヤーを選択したまま、フィルター>ぼかしギャラリー>フィールドぼかしで複数個ピンを打ちぼかしの強弱をつけていきます。

7.マスクの調整

「合成」と「ベース」のそれぞれのレイヤーマスクサムネイルを選択し、ペンツール(黒色、ソフト円ブラシ)で互いの不要な部分を隠して完成です。

まとめ

今回は、描画モード「ディザ合成」を一部に反映させた画像合成の方法で部分スパークを表現しました。
場面によって、ディザ合成のレイヤー自体にぼかしガウスを追加することで全体的なスパークへとスパーク度合いを調整することが可能です。


CATEGORY:
まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。