KOBITブログ

【Illustrator】動きのある繰り返し表現

この記事は約 2分 で読めます。


はじめに

今回は、作成したパターンに対して変形をかける方法を紹介していきます。

1.パターン

パターンを作成します。
パターンの作成作成は前回の簡単パターン作成を参考にしてください。

2.エンベロープの設定

オブジェクト>エンベロープ>エンベロープオプションでパターンの変形にチェックを入れOKでオプションパネルを閉じます。

3.エンベロープ

任意のオブジェクトに対してパターンを展開したら、オブジェクトを選択したまま、オブジェクト>エンベロープ>メッシュで作成でオブジェクトに対してエンベロープをかけます。

まとめ

今回はエンベロープでパターンも変形させることでパターンに奥行きを追加しました。
これにより、動きのある別オブジェクトに対して柄としてパターンを追加することが可能になります。


CATEGORY:
まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。