KOBITブログ

【Photoshop】スピードを表現する

この記事は約 2分 で読めます。


はじめに

今回はPhotoshopのエフェクト追加で動きのある表現をする方法を紹介していきます。

1.被写体の選択

Photoshopで任意の画像を開き、ツールパネルからクイック選択ツールを選びます。
選択後、上部に被写体を選択のボタンが現れるのでそれをクリックし、被写体のみを選択します。

2.マスク

被写体の選択ができたら、レイヤーパネルのマスクを追加でマスクがけをします。

3.レイヤーの追加

レイヤーパネル下の新規レイヤーを作成で新規のレイヤーを作成します。

4.色の抽出とライン

ブラシツールを選び、被写体のボディラインと色に沿って片面だけ線を描いていきます。
色は都度オプションで画像から色を抽出していきます。

5.フィルターの追加

フィルター>表現手法>風でラインをずらして、調整し、余分な部分を消しゴムツールで削除して完成です。

まとめ

ラインをなぞってエフェクトを追加することで、動き(流れ)のあるイメージの作成をしました
ちょっとした時に一瞬でできるエフェクト効果なので引き出しの一つとして役にたちます。


CATEGORY:
まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。