KOBITブログ

【Illustrator初級】ラスターデータを1クリックでベクター化

この記事は約 3分 で読めます。


はじめに

今回は初級編として、Illustratorで一瞬でできるラスターデータ(JPGやPNGなどピクセルの塗りで表現されているデータ)をベクターデータ(数値設定されたパスで管理されているデータ)に変更する方法を紹介していきます。

1.新規ファイルの作成

Illustratorで新規ファイルの作成をします。
今回はA4サイズ・300dpiのカラーモードCMYKで作成しました。

2.画像の配置

ファイル>配置で任意の画像を配置します。
今回はpixabayからフリーイラストを頂戴しました。

3.画像とレース

画像を選択した状態で画像を選択し、コントロールパネルの画像トレース横のプルダウンをクリックして表示、16色変換をクリックします。(画像や写真などに合わせて任意の選択を行います。)
画像トレースなどのボタンが表示されていない場合は、表示>コントロールパネルから表示設定に変更できます。

4.詳細設定

コントロールパネル上の画像トレースパネルを選択し、画像トレースパネルを表示、詳細を設定します。
今回はシンプルなイラストだったので色数、パス、コーナー数を少なめにし、白部分は不要でしたのでホワイトを無視にチェックをいれました。

5.拡張

詳細の設定を終えたら、コントロールパネルの拡張をクリック。編集結果を拡張し、パス化し完了します。

まとめ

今回は、初級編として簡単にラスターデータをベクター化する方法を紹介しました。
元々の解像度が低いラスターデータに関してはペンツールでトレースなどをする必要がありますが、高解像度のラスターデータであればきれいにパス化することが可能です。
形のちょっとした修正や、色の変更など拡大縮小に耐えれる以外もベクター化にはたくさんの利便性があります。


まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。