KOBITブログ

【Photoshop】透明人間を作る

この記事は約 3分 で読めます。


はじめに

今回はPhotoshopを使った透明人間風表現の加工の仕方を紹介します。
2分でできる簡単加工なのでぜひ試してみてください。

1)被写体の選択

Photoshopで任意の画像を開き、ツールパネルからクイック選択ツールを選びます。
選択後、上部に被写体を選択のボタンが現れるのでそれをクリックし、被写体のみを選択します。

2)マスク

被写体の選択ができたら、レイヤーパネルのマスクを追加でマスクがけをします。

3)色相の調整

色調補正パネル>白黒で彩度を0にします。

4)レイヤーの結合

レイヤーパネルで色相・彩度の調整レイヤーを被写体のレイヤーを選択し、Commnd+ Eでレイヤーを結合します。

5)背景を開く

背景となる画像を別途photoshopで開きます。

6)レイヤーを複製

もとのファイルに戻り、レイヤーパネルから被写体にマスクをかけたレイヤーを選択し右クリック。レイヤーの複製を選択し、保存先のドキュメントで3)の背景ファイルを選びOKで背景ファイルに複製します。

7)フィルター効果の追加

背景のファイルに戻り、複製したレイヤーを選択。
位置を調整し、フィルター>フィルターギャラリー>表現手法>エッジの光彩を選択し効果を加えます。

8)描画モードの設定

7)のレイヤーを選択したまま、レイヤーパネルの描画モードの設定で描画モードを比較(明)に変更し不透明度を調整して完成です。

まとめ

今回はフィルターギャラリーと色相の調整を使った加工を紹介しました。
さらに元のカラー状態の被写体の一部分を合わせるなどアレンジしてよりグラフィカルな表現にすることも可能です。


CATEGORY:
まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。