KOBITブログ

アメリカのアワビ王

この記事は約 2分 で読めます。


皆さん、高級食材のアワビは食べたことありますか?

日本では高級なアワビですが、
アメリカでは食べる文化がなかったので、
大きいアワビがゴロゴロ存在していたんです。

そこに目をつけたのが
小谷中次郎さんという
干しアワビ業者の方で、
渡米して、アワビをめちゃめちゃ採ったんです。

「これでお金持ちだ!」と意気込みましたが、
食べる文化がなかったので
全く売れなかったんです。

この問題を解決したのが、
レストランのポップ・アーネストです。
そのレストランの従業員が
「アワビステーキ」という名前を付けて販売したんです。

すると、ステーキっていう名前に
馴染みのあるアメリカ人に
ようやく届くようになって、
大成功したという話でした。

ネーミングを少し変えてみるというだけで
これだけ売上が変わるんだなということですね。

小谷さんのアワビ業では
カリフォルニアで
七割以上のシェアを獲得するなど
大成功を収めました!

次回は
「Googleアナリティクス4の衝撃」
について解説します。

お楽しみに!

 

アメリカのアワビ王

@kubotanozomu ステーキ食べるならどこに食べに行く? #TikTok教室 #ライフハック #社長 #アメリカ #ステーキ ♬ オリジナル楽曲 – 窪田望社長 – 窪田望社長🪤


まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。